P2特設ページ></a>|
<a href= | CALENDAR | RECOMMEND | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
ジョルノ(仮)&ブチャラティ(仮)「ユニットしよ!」 11:39
アイカツ!2人のmy Princess@ギャングスターその2.


「オーディションに合格する」「アイカツカードも作る」「両方」やらなくっちゃあならないってのが、新人アイドルのつらいところだな。覚悟はいいか?オレはできてる。



「スイング・スクール」で国語の先生になったよ!
着々とアイカツ!のメインキャラたちを蹴落としいや楽しくアイカツしながら学園トップを目指す2人。
ちなみに、この「セイラちゃん」はシャアの妹ではなく本編では主人公いちごのライバルとなるドリアカの最有力アイドルです。


そんなセイラちゃんと何故か校門前で話をしてたら…



ジョルノ(仮)た〜〜〜〜NN!!!!!
気になってしょうがないのか、今度はジョルノ(仮)がドリアカにきてた。


セイラ「知り合い?」
ブチャラティ(仮)「そういうわけじゃあないけど…(夢の中で会った、ような)」

前世(本家)からの因縁ってやつですよ。


ブチャラティ(仮)「でも、こっちを見てわらってたみたい。なんか、可愛い子だなぁ

実際、ここでジョルノ(仮)が無表情からちょっと笑顔になるというニクい演出があります。ジョルノらしいって感じ><

会話もしていないのにすでにコミュがMAXになりかけるあたりはさすが本家譲りというべきでしょうか。
ジョルノ(仮)はあまりこういった感想は言わないのですが、ブチャラティ(仮)はとにかく出会う前からジョルノ(仮)が大好きなんだね!
※この「〜〜ちゃんは〜〜ちゃんが大好きなんだね!」はアイカツの常套句です。そういう意味にもそういう意味でもなく受け取ることができ、アイカツおじさんを悶絶させています。


こうしてジョルノ(仮)から勇気をもらったブチャラティ(仮)。まさに「アイドル活動!」の歌詞のようです。余談ですけどこの曲もユニットできます。


やった!ついにブチャラティ(仮)がドリアカのトップアイドルになったぞ!
6億円なんていらなかった。ただ「皆に楽しんでもらいたい」という強い気持ちさえあれば。
このきいちゃんという子はプロデューサー業をメインとしているアイドルで、セイラちゃんの相方のような存在のキャラクターです。

ブチャラティ(仮)がプロプロプロデュースされそうになっていると


彼氏(セイラ)登場。
たまげたぜ。
すごく余談だけどこの2人の本も出してます。もし気になったらよろしくね♡

学園総出でスペシャルオーディションが開催されることになり、あたらしい会場に訪れたブチャラティ(仮)。


ついに出会ったー!!!!


ブチャラティ(仮)「もしさぁ…ここにカバンが落ちてて中にプレミアムレアカードが入ってたとしたら…君、届ける?」
ジョルノ(仮)「フフフ・・・まさかぁ〜〜〜〜!もらっちゃいますね……!」

という穏やかじゃない会話はしなかった。


うつむいてる表情が何だかカワイイ。アイカツ!なので滝のような汗はかいてない。
ここに記してませんがジョルノ(仮)も勿論スターライト学園のトップに立ってます。



ブチャラティ(仮)「本気でオレとユニットを組むというんだな?」
ジョルノ(仮)「ええ…!この学園を乗っ取るにはトップアイドルにのし上がるしかない…!ぼくはアイドル・スターになります!ぼくはそうなりたい」


ブチャラティ(仮)「いいだろう……ドリームアカデミーでパートナーは探せなかった事にし、おまえとユニットを組めるよう手配しよう
ただしスペシャルアピールをミスった時やマズいコーデを選んでしまった時は おれはおまえを助けない
ステージでは誰でも1人1人きりだからな…自分の失敗は自分で償うんだ。」


とにかくジョルノ(仮)が大好きなブチャラティ(仮)の強引な一押しであっさりユニット結成。
だいじなオーディションにそんな簡単に組んじゃって大丈夫なのかと思いますが本家のスピード結託も多分このくらいだった。

あーここまで長かった!!
結果だけ書いてますが、じつはブチャラティ(仮)がトップになるために必須条件だったオーディションに必要な衣装パーツをゲットするのに滅茶苦茶苦労しましてね。ようはイベントごとに必要な衣装のパーツがほしけりゃ及第点でクリアすればいいのですが、その及第点すら結構ムズかしかったんです。おかげでリズムゲームのほうはだいぶうまくできるようになりましたが、本当に本当になんて遠い廻り道…
もしこれからプレイされる方がいたら「ビーズアクセレッスン(むずかしい)」には相当の覚悟が必要とだけ言っておきます。


まだ続きます。
| ジョジョ |
<< NEW | TOP | OLD>>